原発ジプシー

原発ジプシー(げんぱつジプシー)とは日本のフリーライターである堀江邦夫が1979年に発表したノンフィクションである。




給与のピンハネ
1人の労働者に対し元請け企業から日当15,000円が下請け企業に支払われていると推定されるものの、労働者自身には5,500円しか渡らず、9,500円を下請けがピンハネしていると考えられる事例が紹介される。

労働災害
電力会社が労働災害を嫌う事例が紹介されている。筆者が作業中に3週間の怪我を負った際には、雇用した下請け会社の安全管理者より、治療費を会社で負担し休養中の給与も補償するとの申し出を受けている[2]。 また、労働者が会社に労災を認めさせたものの、会社から原発構内以外の場所で負傷したことにするよう求められた事例が紹介される。

労働者の被曝
労働者の放射線被曝を防ぐ意識が低かった頃は、人手が足りなければ放射線管理教育もせずに放射線管理区域に労働者を入れて被曝させた例があったとされる。
労働者の中には、自分の被曝が原因となって生まれてくる子供が障害を持つことを心配する人もいる。 原発で働く前に生まれた子供は健常であったが原発就労後に生まれた子供に指がなかったため転職した事例が紹介される。就労者の子供が奇形をもって生まれた例を見聞きしたことも紹介される。ただしこれらが放射線障害に起因した現象とは限らないとされる。

外国人労働者との格差
なお、ゼネラル・エレクトリックの労働者が日本に来て福島原発の修理をしたり、敦賀原発など他の原発でも就労している事例が紹介される。こうした外国人労働者には日本人労働者より高い数値にセットしたアラームを与えられ、1日に700ミリレムを被曝するものの数日で交代する例もあった。給料は非常に高額であったが、彼らの出身はスラム街であったり、刑務所を出た者であったりしたとされる。計画線量が日本人労働者の10倍の1,000ミリレムであった事例もあった。

原発に関わる色々な問題を浮き彫りにするノンフィクション
原発ジプシー (講談社文庫)
放射能対策 浄水器 三菱レイヨン
放射能対策 浄水器 東レ
放射能対策 浄水器 シーガルフォー
放射能対策 マスク
水 ミネラルウォーター 通販
水 ミネラルウォーター 通販 ウォーターサーバー
ヨード剤
放射能測定

関連記事
  • 全国放射量マップ 放射能 測定
  • 原発避難区域は犬や牛の群れが闊歩する無法地帯に
  • 原発ジプシー
  • 福島原発周辺映像 3/30
  • 放射能 放射性物質の除去効果を確認 寺岡精工
  • 福島原発 避難距離
  • IAEA 放射能物質 飯舘村、避難基準超す
  • プルトニウム 観測を強化
  • 水 ミネラルウォーター 通販 ウォーターサーバー
  • 水 ミネラルウォーター 通販
  • 放射能 水道水
  • 放射能対策 マスク
  • 放射能対策 浄水器 三菱レイヨン
  • 放射能対策 浄水器 東レ
  • 放射能対策 浄水器 シーガルフォー
  • 関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    Secret

    最新記事
    カテゴリ
    原発関連記事
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    検索フォーム
    RSSリンクの表示